UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、ドルトムントはマンチェスター・シティとの1stレグに2-1で惜敗した。

終盤にマルコ・ロイスのゴールで同点に追いつくも、終了間際にフィル・フォデンに勝ち越し点を許す痛恨展開。

アーリン・ホーランは無得点に終わったが、試合後に副審から驚きにお願いをされていた。

ロッカールームに下がるトンネル内で副審はホーランにサインをおねだりしていたのだ。

『BT Sport』の映像で、副審がポケットからイエローカードとペンを出し、ホーランがそれにサインする姿が激写されている。

この日はルーマニアの審判団が担当したが、ドルトムント側への不利な判定も物議を醸している。

【動画】かわいい…ホーラン、CLアンセムを秘かに歌ってた鼻歌シーン

ただ、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は。「審判は(ホーランの)ファンなのかもね。なぜいけないんだい?レフェリーは素晴らしかった、試合は問題なかった。(GKエデルソンに対する)ベリンガムの足は高く上がっていた。レフェリーは完璧だった」と述べていたそう。