セリエA第26節、ユヴェントスはラツィオ戦に3-1で逆転勝ちした。

この日ベンチスタートとなったクリスティアーノ・ロナウドは後半24分からの途中出場。『tuttomercatoweb』によれば、アンドレア・ピルロ監督はその理由をこう説明したとのこと。

アンドレア・ピルロ(ユヴェントス監督)

「8,9試合続いていたので、我々は今週中に合意していた。あらかじめ計画されていたものだった。

クリスティアーノは付加価値的なもので、あの子たちは自分達がやるべきことをやったよ。

彼にボールを託せば、何かが起こる可能性が常にある」

ハードなスケジュールが続いているため、この試合ではベンチスタートになることに事前に合意していたという。

【動画】ベンチスタートのロナウドになった試合後のユニ交換&ハグシーン

ユーヴェは10日にUEFAチャンピオンズリーグのポルト戦が控えている。1stレグには2-1で敗れているため、勝利が必須となる一戦だ。