2022年夏にアーセナルとの契約が満了となるフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット。今シーズンで放出されるのではないかという噂も多かった。

ローマやアトレティコ・マドリーとの関係が噂され、アーセナル側もフリーで退団されることを避けるために現金化するのではないか…とメディアは報じていた。

【動画】バーンリー戦でチームを救う決勝ゴールを決めたラカゼット

しかし『Daily Mail』によれば、アーセナルのミケル・アルテタ監督は記者会見で以下のように話し、ラカゼットの去就についてこう語ったそうだ。

ミケル・アルテタ

「ラカゼットは我々と契約を結んでいる選手だ。彼は先週本当にいいプレーをしたし、それはまさに我々が彼に求めているものだ。

私は彼に満足している。彼の契約についての議論はまもなく始まり、何が起こるのかを注視していくだろう。

(夏のマーケットについては?)

我々は夏に何を行うかということを計画している。それは我々がどのように今シーズンを終えるかということに依存している。

今夏やらなければならないことは、我々のようなステータスのクラブにとって前例のないものになると思う。

どれだけの取引を行わなければならないのか、それは我々の立場が教えてくれるだろう。とても多くのものが必要になるだろう。改善したいのならばね。

自分の家の中にあるものを改善させられると信じている。そして次のレベルに進むために外から選手を獲得する。

すべては計画されている。市場がもたらすもの、そしてこの数ヶ月がクラブにもたらすものを見ていこう」