日本サッカー協会(JFA)は10日、「3月30日に行われる予定のW杯予選モンゴル戦は、千葉県のフクダ電子アリーナで行うことが決定した」と公式発表した。

2023年アジアカップの予選を兼ねて行われている2022年ワールドカップ二次予選のグループステージは、新型コロナウイルスの影響によって中断が続いていた。

今回ようやくそれが再開されることが決まっているが、開催する会場が決まらない試合が多く、現在も混乱が続いている。

来月30日の試合はモンゴルのホームゲームであったが、感染状況を鑑みた上でその開催地を再考することとなり、今回日本で行われることが決まった。

キックオフ時間は3月330日の19時30分。会場は千葉県のフクダ電子アリーナで、サポーターの入場は許可されないとのこと。

主催は本来ホームゲームを行う予定であったモンゴルサッカー連盟で、放送はフジテレビ系列で全国生中継されるという。

【動画】2019年に行われたモンゴルとの第3節では、日本が6-0と大勝した

日本代表はこれまでアジア二次予選の4試合を戦って全勝しており、グループFの首位に立っている。一方でモンゴルは1勝4敗で最下位に沈む状況だ。