川崎フロンターレとキットサプライヤーのPumaは23日、2021年シーズンの明治安田生命J1リーグで着用する新ホームユニフォームを発表した。

チームは2020年シーズンにクラブ史上初の2冠を達成。新ユニフォームはエンブレム上に「5つ星」を付ける。

Kawasaki Frontale 2021 Puma Home

新ホームユニフォームは2020年に引き続きグローバルのデザインコンセプト“CRAFTED FROM CULTURE”に基づき、チームの伝統からインスピレーションを受けたデザイン。2012年以来となるボーダー柄(水平ストライプ)が復活した。

クラブと選手、サポーター、パートナー、フロンターレに関わる全ての人々との繋がりをボーダーで表現。また、構造上一番強いと言われる「ハニカム構造」を全面的にデザインしている。

【関連記事】Jリーグ 2021シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

各部スポンサーは、胸は「FUJITSU」、鎖骨右は「アンカージャパン」、鎖骨左は「RENOSY(リノシー)」、背中上は「SMBC日興証券」、背中下は「富士通エフサス」、左袖は「富士通Japan」となる。

今季より導入となるリーグ共通の番号とフォント。ホームキットはホワイトの使用が決まった。