26日にはアーセナルとのロンドンダービーを控えているチェルシー。ここまではプレミアリーグで5位となっており、良くもないが悪くもない…という成績だ。

エヴァートンとウォルヴァーハンプトンに連敗したが、22日にはウェストハムを相手に3-0と勝利。復活の狼煙を上げている。

【動画】ようやく勝ったぞ!チアゴ・シウヴァもゴール

『Sky』によればランパード監督は以下のように話し、タイトルに挑戦するまではまだいくつかのステップが必要だと語ったそうだ。

フランク・ランパード

「私は満足しているが、マネージャーとしてはいつも更に多くを求めている。

現実的には、プレシーズンがなかったり、新しい選手が何人か不在だったりのスタートになった。初期の結果を見れば、良いときと悪いときがあった。

それからはチームに多くの改善が見られたので満足しているが、もっと求めている。

タイトルには挑戦したいが、それらは段階的に進んでいくことであるという点を受け入れる必要がある。

我々はいくつかのステップを踏み出したが、もっとも多くのことができる可能性があると感じるよ。

今季はほとんどのチームが困難な瞬間を経験しており、その原因の多くは準備不足である。我々もそれがなかった。

目の前の短期的なものについて考えなくてはならない。勝っていようが負けていようが、あまり反応しすぎてはいけない。

継続的な改善を行うことが重要である。焦点を合わせるためにはね。

我々は多くの選手を買ったが、一部の者には時間が必要だ。だから長期的な目標は設定していない。

一貫性という観点でリヴァプールやマンチェスター・シティとの差を埋めようとしている。さらに挑戦できるように、一貫性を保つように努力しなければならない」