リヴァプールはバイエルン・ミュンヘンからスペイン代表MFティアゴ・アルカンタラを獲得した。

バルセロナで育成されたティアゴは、当時のジョゼップ・グアルディオラ監督によってバイエルンに引き抜かれた選手だ。ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ペップはこう述べたという。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「シティで彼を獲得しようとはしなかった。我々には同ポジションに十分な選手たちがいるからね。

ティアゴがイングランドに来るのはハッピーだよ。(プレミアファンたちは)本当にいい選手をエンジョイするだろうからね」

そんなティアゴがやったノールックエンジェルパスがこちら。

相手は誰も反応できず!しっかり反応しているトーマス・ミュラーもすごい…。

【関連記事】「背番号6」なのに攻撃的だった有名アタッカー5人

なお、ティアゴのリヴァプールでの背番号は6番に決定している。