ブンデスリーガ開幕戦、王者バイエルン・ミュンヘンはシャルケを8-0で撃破した。

途中出場した17歳のジャマール・ムシアラも初ゴールを記録。バイエルン史上最年少得点となった圧巻の一発がこちら(以下動画53秒~)。

左からカットインしつつ、相手を剥がして、冷酷無比なシュート!この落ち着きは驚異的だ。

【関連記事】「プレミア全20チームの最年少デビュー選手とその後のキャリア」

17歳と205日でバイエルン史上最年少ゴールを決めたムシアラ。彼はバイエルンがチェルシーから引き抜いた逸材で、タイプ的にはデル・アリに似ているとも言われている。

コンゴ人の父親とドイツ人の母親のもとにドイツで生まれた後、イングランドで育った。そのため、イングランドとドイツ両方のユース代表でプレーしている。

バイエルンリザーブのセバスティアン・ヘーネス監督は「あの子は感情に流されない。試合前に話すと、集中しているし、落ち着いている」とコメント。また、トップチームを率いるハンジ・フリック監督は「我々は彼を慎重に導いていきたい。まだ道のりは長い」と述べている。