『Sportskeeda』は「レアル・マドリーで将来のスターになるべき6名のティーンエイジャー」という記事を掲載した。

バルセロナに負けぬよう、このところ育成に力をかけてきたレアル・マドリー。10代の選手を多く獲得しており、将来に期待がかけられている。

その中で最も有望な6名とは誰なのか?

6:アンドリー・ルニン(GK)

アンドリー・ルニン レアル・マドリー

年齢:19歳

ウクライナから今夏レアルにやってきたルニンは、ヨーロッパで最も有望なゴールキーパーだ。

17歳でドニプロのトップチームにデビューした。クラブが経済的な問題を抱えたために選手を売らなければならなくなったからだった。

ルニンはいきなり25試合で23失点しか許さず、10回のクリーンシートを達成。まるで若い頃のヤン・オブラクのようなデビューだった。