新型コロナウイルスの影響で中断を余儀なくされているMLS。来月7月8日から一か所集中開催という方式で再開される。

フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内にあるスポーツ複合施設「ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス」に集結し、26チームが参加するトーナメントを行うというものだ。

選手やスタッフたちは、トーナメントを戦っている期間中は承認されたエリア(ホテルやサッカー施設)から離れてはいけないという規則があるそう。

そうしたなか、現役MLS選手のこんなツイートが話題になっている。

ビル・ハミド(DCユナイテッドGK)

「オーランドでの大会には何の問題もないよ。プレーを楽しみにしている!

まるで囚人や、自由な暮らし方や自分やチームメイトたちの守り方を知らない大人のように、僕らをディズニー・キャンパスに閉じ込めることは馬鹿げている!

僕らは監視が必要な子供じゃない!最初から言っていたように、キャンパス内に閉じ込められることには同意しない。

自分はマスクの着け方やソーシャルディスタンスのとり方を分かっている。

僕らはこの大会には同意したし、2日ごとに鼻を付き出す(検査を受ける)ことにも同意した。

まるで動物や囚人かのように閉じ込められるべきではないと信じている」

29歳のハミドは現役のアメリカ代表GKでもある。

MLS選手たちはオーランドのホテルに到着した後、1週間は自己隔離をするそう(試合の7日前には到着している必要がある)。それ以降は試合前後にコロナの検査などを受け、チームが敗退するまでは拠点を離れることはできないとのこと。また、その間は家族との接触もできない。

このトーナメントは7月8日から始まり、8月11日の決勝戦で閉幕する予定だ。

ちなみに、220エーカー(およそ東京ドーム20個分)ほどもある「ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス」の広大さが一発で分かる映像がこれ(以下動画50秒~)。

 

想像以上にデカい…。

【関連記事】いまなら欲しい!「90年代のケバめなMLSユニフォームBEST10」

トラックを備えたグラウンドやスタジアム、さらに野球のグラウンドが4面隣接している箇所まである。