ヴィッセル神戸が獲得したルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャのワールドカップ優勝トリオ(イニエスタ以外の2人は昨季限りで退団)。

彼らの通訳を担当した神蔵勇太さん、村上範和さん、フェラン・サンティさんが、那須大亮さんのYoutubeチャンネルに登場した。

神蔵さんが明かしたビジャのかわいい一面がなかなかおもしろかったぞ(以下動画30分57秒~)。

日本に来るまでMLSで4年ほどプレーしたビジャ。アメリカでは誰も自分のことを知らないと思って自由に生活していたそうで、日本でもそういう感じで普通に出歩いていたそう。

そんなビジャがたまに日本のファンにサインや握手を求められた際の反応(31分36分~)を聞いた那須さんは思わず「めちゃめちゃ可愛いじゃん!」と笑顔に。

バルセロナでもプレーしたビジャだが、通訳の2人が「普通の人すぎない?」と驚くほど「気さくすぎる」人柄だったそう(7分54秒~)。

【関連記事】この冬、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち(2019-20編)

また、村上さんが明かしたポドルスキの外国人らしからぬ超真面目エピソード(31分55秒~)もおもしろい。彼の本当のキャラが分かるはずだ。