新型コロナウイルスの蔓延により大きな影響を受けているサッカー界。

ここ数か月、行動が制限されたサッカー選手は自宅からさまざまな発信を行い、普段はなかなか見られない一面を見せてくれている。

リーグアンの打ち切りに伴い母国に帰っているPSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、こんな映像を投稿していたぞ!

広大な畑で草刈り!

サッカー選手としては完全無欠なストライカーといえるカバーニ。服装はなかなかサマになっているが、草を刈り取るフォームは…どうだろうか。

本人としては良いトレーニングになっているという感覚のようだが。

【関連記事】カンテ、髪が伸びる

既にPSGの退団が決定的と言われているが、来季はどこでプレーすることになるのだろうか。