現在38歳という年齢となったズラタン・イブラヒモヴィッチ。スウェーデンのマルメでプレーしたあと、20歳でオランダの名門アヤックスに加入した。

エールディビジで得点を量産したあと、2004-05シーズン開幕後にユヴェントスへと加入することになるのだが…その移籍直前のプレーがこれだ。

試合は2004年8月のNACブレダ戦。前線でディフェンダーを背負ってボールを受けたイブラヒモヴィッチは、手で相手を抑えながらターンし…(動画6:56~)。

ドリブルでひとり、ふたりと振り回し、最後はゴールキーパーまでバランスを崩させる!

【関連記事】イブラも!「ユーヴェ&ミラン&インテル」全てでプレーした激レア選手たち

実況も「マラドーナか、ジダンか、ロマーリオか…」と口に出すほどの衝撃的なゴールだ。どちらの足でもシュートを決められるイブラだからこそ、どう止めていいのかわからないキープである。

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現