原口元気がプレーしているドイツ2部のハノーファー96で、同国初の新型コロナウイルス陽性反応を示したプロサッカー選手が生まれた。

『Daily Mail』によれば、それはDFのティモ・ヒュベルス。今季は怪我に苦しんだために3試合に出場したのみだが、先週末のニュルンベルク戦でゴールを決めたばかりだった。

ヒュベルスは1996年生まれの23歳で、190cmの身長を備えている期待の大型DF。昨年にはこんな練習の模様も…。

記事によれば、ヒュベルスは現在のところ症状は出ていないとのことだ。

彼は土曜夜のイベントで一緒にいた人物が新型コロナウイルスに陽性反応を示したことから自発的に検査へ趣き、そこで検疫を受けたそう。

イベント以降彼はチームメイトと全く接触はしていないと主張しているが、ハノーファー96は念の為全選手とスタッフにウイルス検査を行っているとのこと。

ヒュベルスはこれでドイツサッカー界初の新型コロナウイルス感染者となったものの、今のところ他の選手への広がりは確認されていない。