ラ・リーガ第23節、ベティス対バルセロナ戦は壮絶な展開になった。

そのなかで話題になっているのが、オランダ代表MFフレンキー・デヨングが決めたゴール。

80メートルを走り、リオネル・メッシとの大きなワンツーのような形で得点を奪ったのだ。その得点シーンがこれ(以下動画1分16秒~)。

メッシもパスもデヨングのトラップも圧巻!デヨングは自陣内で見事な強さと速さを見せてボールをメッシにはたいた後に前線に飛び出している。

バルサ関係者も「中長距離でオリンピックに参加できる」と絶賛するほどのフィジカルを見せつけるようなゴールだった。

なお、両チームに退場者が出た一戦はバルサが2-3で逆転勝ちしている。