かつてベンフィカやレアル・マドリーでプレーし、クリスティアーノ・ロナウドの親友としても有名だった元ポルトガル代表DFファビオ・コエントラォン。

練習中にはこんな鮮やかな伝説ゴールも!

彼は昨季古巣のリオ・アヴェでプレーしていたものの、昨年夏に契約が満了になってからはフリーエージェントとなっていた。

そして、29日に行われたスポルティング・リスボンの練習襲撃事件に関する裁判にビデオ出廷した際に職業を聞かれ、「僕は引退したサッカー選手だ」と答えていた。

これが「引退宣言」と伝えられたが…。

ところが、『Tribuna Expresso』の記事によれば、コエントラォンはそれについて「もちろん、それは真実じゃない」と答えたという。

ファビオ・コエントラォン

「新しいプロジェクトを受け入れる準備はできているよ!もちろん僕は引退していない」

なお、ファビオ・コエントラォンには現在イタリア・セリエAのボローニャが関心を寄せていると言われる。