先日行われたコパ・デル・レイの試合は大きな話題になった。

香川真司が所属しているレアル・サラゴサ、そして久保建英がプレーするマジョルカが直接対決をしたのだ。

試合前には両者が会話する胸アツ場面も!

ふたりともこの試合ではフル出場しており、勝利したのは2部のサラゴサ。3-1という結果で1部のチームを「喰った」格好に。

『SportAragon』によれば、この試合の終了後に行なわれた読者投票において、香川真司が最多票を獲得し、MVPに選ばれたという。

ボルシア・ドルトムントからベシクタシュへのローンを経験し、今季スペイン2部に挑戦した香川。

序盤こそ力を発揮したものの、怪我もあって途中から失速し、このところはアメリカやトルコへの移籍も噂される状況であった。

しかしながら今回の試合で輝きを失っていないことを証明。シーズン終了までの数ヶ月でリベンジを果たせるか注目される。