プレミアリーグ第23節、リヴァプールは宿敵マンチェスター・ユナイテッドを2-0で撃破した。

終了間際に試合を決めた電光石火のカウンターは圧巻。GKアリソンがアシストを記録した驚きのシーンがこれだ(以下動画5分13秒~)。

同点を狙ったユナイテッドのコーナーキックから、リヴァプールがカウンターで逆襲!アリソンのフィード一発で抜け出したモハメド・サラーが圧巻のスピードと強さを見せつけてゴールを陥れた。

快心のアシストを決めたアリソンは歓喜爆発!ピッチを完全に横断して、得点したサラーに抱きつきに行っていた。

『BBC』によれば、リヴァプールのGKがプレミアリーグで得点をアシストしたのは、2010年のペペ・レイナ以来のことだそう。

試合後のユルゲン・クロップ監督は「我々はセンセーショナルなフットボールをした。もっと得点できたね。ペーター・クラヴィッツと分析官たちがセットプレーについて提案してくれた」などと述べていた。