武藤嘉紀が所属するニューカッスルは厳しい戦いが続いている。

プレミアリーグ22節ウォルヴァーハンプトン戦に1-1で引き分け、5試合勝ちなしとなった。

トリッキーなCKからやられたウルヴス戦での失点シーンがこれ(以下動画1分15秒~)。

マークはついていたはずなのに…。

ニューカッスルは武藤を含めて怪我人の続出に苛まれている。この試合でも前半28分までに2人が負傷交代。これでリーグ戦では2試合連続で前半のうちに2人を負傷交代で失っており、トップチームの11人が負傷を抱えている。

『BBC』によれば、スティーヴ・ブルース監督は40年間で最悪の負傷による危機だとこぼしていたとか。