プレミアリーグ初優勝を目指すリヴァプール。難敵トッテナムを1-0で撃破して、無敗記録をさらに伸ばした。

ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが突き刺した決勝ゴールは圧巻だった。そのシーンがこれ(以下動画2分25秒~)。

サラーからのパスを左足で絶妙にコントロールすると、すぐさま左足を振り抜いて無慈悲なシュートを叩き込んでみせた。タイトなスペースでの止める技術と全く慌てないフィニッシュは驚異的だ。

クロップ監督も「彼はスーパープレイヤー、スーパーだ。そう言うのは初めてではないし、きっとこれが最後でもないだろう」と賞賛していた。