スポーツ界なら有望な若い世代は大物選手に例えられるのが常というもの。

サッカー界のスーパースターであるメッシも“マラドーナ2世”であり“ロナウジーニョ2世”だった。今回は、現役スターの後継者に相応しいであろう5人を見ていきたい。

クシシュトフ・ピョンテク(ミラン)

クシシュトフ・ピョンテク

→レヴァンドフスキ2世

今季セリエAで大ブレイクしたピョンテクはレヴァンドフスキ2世との呼び声高く、最も有望な後継者である。

海外挑戦のときの移籍金が格安であったこと、またその年齢など初期のキャリアは非常に似通っている。そして何よりも一番の共通点はその得点力の高さだ。どちらも万能なストライカーで多彩な得点パターンを持っている。

【関連記事】今、世界で「3番目」にスゴいサッカー選手は誰なのか?

ピョンテクが既にこのレベルならレヴァンドフスキが衰えてもポーランドはストライカーには困らないだろう。