ついにリヴァプールでのデビューを果たした日本代表FW南野拓実。FAカップでのマージーサイドダービーに先発すると後半25分までプレーした。

クロップ監督から絶賛された南野はドリブルで突進するシーンも。それがこれだ!(以下動画25秒~)

センターサークル付近でボールを受けると前を向いて突進!だが、猛追してきたブラジル代表FWリシャルリソンの強烈タックルで潰された。

判定はノーファウルで、『Guardian』では「リシャルリソンは卓越したタックルで南野からボールを奪った」とも伝えていた。

このシーンについてはイングランドの洗礼とも伝えられていたが、現地『Liverpool Echo』では、「南野はまるで何年も(チームに)いたかのようにハマった」とも報じている。