2019年にローマを退団して、ボカ・ジュニオルスに移籍した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ。

アルゼンチン移籍は驚きだったが、デビュー戦でいきなりこんなゴールを決めてみせた。

これは地味にうまい! 

ただ、『Sky』によれば、デ・ロッシは現役引退を決断したという。

ダニエレ・デ・ロッシ

「身体的な問題はない、ただ家族のもとに帰りたいだけだ。

悲しいよ。もう10年はプレーしたかった。

ローマは俺の人生だ。他のクラブをこんなにも愛するとは思わなかった。

俺は常にボカの一部だ。ここでは何の問題もなかった。

将来は監督になるだろう。数か月のうちに勉強を始めるさ」

今後はイタリアに戻って、監督になるための勉強をスタートさせるようだ。