鹿島アントラーズとキットサプライヤーのNikeは25日、2020年シーズンの明治安田生命J1リーグで使用する新しいユニフォームを発表した。23日には一足早くアウェイユニフォームを発表しているので、合わせてお届けしたい。

2019年シーズンは鈴木優磨、安部裕葵といった主力が流出するもリーグ戦、カップ戦でタイトル争いを繰り広げた。最終的にリーグは3位に終わるもACL出場権を獲得。そして天皇杯は決勝進出を決めている。

Kashima Antlers 2020 Nike Home

鹿島アントラーズ 2020 Nike ホーム ユニフォーム

新ホームユニフォームは、ベースカラーに濃淡異なる2色のディープレッドを採用し、「伝統と革新」を表現。そこに鹿の角とクラブエンブレムに刻まれる“ライジングA”からインスパイアされたサッシュ(懸章)を走らせる。クラブ史上初となるサッシュは、一般的には“たすき掛け”とも呼ばれるデザインだ。

鹿島アントラーズ 2020 Nike ホーム ユニフォーム

クラブの第一次黄金期(1996-1998)、第二次黄金期(2000-2002)、第三次黄金期(2007-2009)のユニフォームデザインやカラーブロックのインスピレーションを踏襲。クラシックとモダンを融合させたデザインとなっている。

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこのような感じに。2019年モデルとは異なり、ネイビーのパンツとレッドのソックスを着用する。