スペイン2部リーグ第21節、ウエスカ対レアル・サラゴサ戦に岡崎慎司と香川真司が先発出場した。

存在感を放ったのは岡崎。VARにより得点を取り消されるシーンがあったが、前半20分に先制ゴールを叩き出してみせた。その得点シーンがこれ。



再生はYoutube上で。

クロスに体ごと押し込むような岡崎らしいゴール!

岡崎はフル出場し、香川は後半12分までプレー。試合はウエスカが2人の退場者を出したサラゴサを2-0で撃破している。

岡崎のゴールをアシストしたのは、バルセロナで育成されたセルジオ・ゴメス。ドルトムントからローン中の19歳は「オカとは非常によく理解し合っているよ。素晴らしいゴールを決めてくれた。僕らはDFとGKとのスペースについて話し合っていて、そこを上手く使うことができた」と喜んでいた。