カタールで行われているFIFAクラブワールドカップ。欧州王者リヴァプールはモンテレイを2-1で撃破して決勝進出を決めた。

その準決勝でのゴールシーンをチェックしておこう。ナビ・ケイタの先制弾は以下動画11秒~、ロベルト・フィルミーノの決勝弾は1分40秒~。

ケイタのゴールをアシストしたモハメド・サラーのアシストは絶品!ただ、注目して欲しいのは決勝ゴールを演出したダミー(動画1分32秒~)。

ルイス・スアレスもよく使うDFを出し抜く技で、足元に収めると見せかけて、一瞬で相手を置き去りにする。

リヴァプールは22日にフラメンゴとの決勝、27日にはレスターとの頂上決戦が控えている。