11月24日、2019シーズンの明治安田生命J2リーグ最終節が各地で行われた。

今年、初のJ1ライセンスを取得した水戸ホーリーホックはホームでファジアーノ岡山に1-0で勝利したものの、惜しくも7位に終わりJ1参入プレーオフ進出を逃した。

瀧澤修平のゴールにより今季ホーム最終戦を制した水戸。

6位のモンテディオ山形とは、勝点70、得失点差+19まで同じ。総得点の差でわずかに及ばなかっただけに、あと1点どこかで決めていればと、結果的にこの試合を最後に退任した長谷部茂利監督は悔しさをあらわにしていた。

そんな試合を実は、元ブラジル代表のこの人がスタジアムで観戦していた。

フランサ

2000年代にドイツの強豪レヴァークーゼンや柏レイソルで活躍した元ブラジル代表フランサ!

現役時代は“魔法使い”さながらの創造性あふれるプレーを連発し、数々の伝説を残したレジェンドだ。

特に2008年のベストゴールに輝いた浦和レッズ戦でのスーパーゴールは、彼の発想と技術がなければ生まれることがないものだった。

フランサがなぜ水戸の試合を観に来ていたのか?試合後にQolyが直撃したぞ。