先日オランダ・エールディビジのフィテッセに練習参加することを発表した元日本代表MF本田圭佑。昨季メルボルン・ヴィクトリーを退団してからは所属先がなく、フリーエージェントの状態が続いていた。

今回の練習参加も契約を前提としたものではないものの、本田はインタビューに対して以下のように話したとのこと。

本田圭佑

「先日はVVVに戻っていた。フィテッセに参加するのは初めてで、ともに練習できることが幸せだ。

オランダはサッカー選手としての最初の記憶だ。素晴らしかった2008年のことを思い出すよ。

幸運なことにフィテッセとともに練習できるチャンスを得られた。最後の試合を終えてから5ヶ月間1人で練習してきたから、チームとともにトレーニングしたかった。

(ピッチに戻って?)クールだね。何が起こるかは様子を見なければならないが、いずれにせよサッカー選手としてこの状況を誇りに思わなければいけない。

なぜなら僕は来年のオリンピックに出場したいからね。だから戻って来られて幸せだ」

やはり目標は2020年に行われる東京五輪で日本代表チームに招集されることだそう。なんとか継続的にプレーできるチームが見つかるといいが…。