17歳以下の世界一を決めるFIFA U-17ワールドカップがブラジルで開幕。大会2日目には昨年のAFC U-16選手権を制したU-17日本代表が登場し、U-17オランダ代表に3-0で快勝した。

相手のオランダは5月に行われたU-17欧州選手権を圧倒的な強さで連覇しており、今大会でも優勝候補とも考えられている。そんな相手へのこの結果は、文字通り“衝撃”といってもいいだろう。

早速その3ゴールを全て見てみよう!

36' 若月大和

69' 若月大和

77' 西川潤

若月大和(桐生第一高 ※湘南入り内定済み)が2得点、エースの西川潤(桐光学園高 ※C大阪入り内定済み)が1得点!

西川は2アシストも記録しているが、パスを受ける位置から出すタイミング、そして若月の利き足まで意識した精度は完璧だった。さすがはバルセロナへの移籍も噂される逸材だ。

日本は過去最高成績が1993、2011年大会のベスト8であるが、この結果を受けてさらに期待も高まるところ。次戦は日本時間31日、初戦でセネガルに1-4で敗れたアメリカ代表と対戦する。