KONAMIの人気モバイルゲーム「ウイニングイレブン」。

そのアップデートが実施され、新作『eFootball ウイニングイレブン2020』の正式なサービスが10月31日から開始された。

今作はシリーズのコンセプトである「最高の試合を対戦して楽しむ」ことを目指し、大規模なアップデートを敢行。

アンドレス・イニエスタ監修のもと開発された新ボールコントロール「フィネスドリブル」がモバイルでも可能となり、家庭用ゲーム『eFootball ウイイレ2020』と同様、高いレベルでの駆け引きが楽しめるようになっている。

ローンチトレーラーはこちら!

グローバルパートナーであるバルセロナはもちろん、マンチェスター ユナイテッド、ユヴェントス、バイエルン・ミュンヘンといった欧州各国のトップクラブを新規搭載。

Jリーグをはじめとしたこれまでの搭載リーグに加え、イタリアのセリエAなど数多くのライセンスも追加されている。

独占搭載となるデイヴィッド・ベッカムやジーコ、フランチェスコ・トッティをはじめ、ディエゴ・マラドーナ、ガブリエル・バティストゥータ、オリヴァー・カーンといったサッカー史を彩るレジェンドの存在も魅力!

新規レジェンドは続々と登場予定とのことなので、ゲームをプレイしながら“新メンバーの到来”を待とう。