欧州各地で行われているEURO2020予選。グループIではベルギーとロシアが本戦出場を決めた。

ロシアは敵地でのキプロス戦に0-5で大勝したのだが、痛々しいアクシデントも。DFセルゲイ・ペトロフがこんな怪我を負っていたのだ。

足の皮膚がえぐれており、穴が開いているような状態。出血もしており、これは痛い…。

ペトロフにこの怪我を負わせたショッキングなタックルがこれ。

至近距離から脛を直撃。

ペトロフは一旦プレーを続けたものの、すぐに続行不能となり負傷交代。マリオ・フェルナンデスの代役として先発起用されたのだが、前半途中でピッチを去るはめになってしまった。

一方、タックルを浴びせたキプロスDFコンスタンティノス・ライフィスは一発退場になっている。