今回のインターナショナルマッチウィークではスペイン代表から外れてしまったレアル・マドリーMFイスコ。

このところは怪我にも苦しめられており、今季はまだ3試合に出場したのみとなっている。

しかし、やはり彼の武器である巧みなテクニックは健在であるようだ。練習で見せたというループシュートがすごかった。

タックルを受けながらも倒れず、GKが体重移動をした瞬間に頭上を超える柔らかいシュート。まるで時間が止まったよう…。

インターナショナルマッチウィーク明けには久保建英が貸し出されているマジョルカとの対戦を控えるレアル・マドリー。

多くの選手が代表チームでの戦いで疲弊することが予想されるだけに、この間練習に専念できるイスコの復活も楽しみにしたいところだ。