26日に行われたエイバル対セビージャ。乾貴士が左サイドでスタメン出場を果たした。

エイバルは12分に先制点を奪われるなど厳しいスタートとなるが、18分には乾貴士が裏への飛び出しからゴールに迫った(動画1:12~)。

ところが0-2とリードされた前半38分、監督が早い段階での選手交代で選択したのは乾貴士。エスカランテを投入するにあたり、乾をベンチに下げることに(動画1:36~)。

さらにハーフタイムでデ・ブラシスを投入するなど早い段階で手を打ったエイバルは、後半に反発力を見せる。

66分にオレジャナのPKが決まって1点差に迫ると、77分にはペドロ・レオンが同点ゴールを奪取。さらに82分にはコテがフリーキックから逆転ゴールを決め(動画4:35~)、なんと2点のビハインドから3-2と試合をひっくり返してみせた。

ここまでの5試合で未勝利だったエイバルであるが、強敵セビージャを相手に劇的な今シーズン初白星をゲット。苦しい流れを変えられるきっかけにできるだろうか。