25日に行われたフランス・リーグアンの第7節、トゥールーズ対アンジェで日本代表DF昌子源が初出場を果たした。

プレシーズンマッチで抱えてしまった負傷のために長く欠場が続いていたが、今回ようやく復帰に成功。いきなりのスタメンとなった。

37分には味方のバックパスミスから生まれた致命的なピンチを、スライディングでうまくカバー。見事な守備を見せたが…。

ところが前半終了間際、前に上がって空中戦を競ったところで足を負傷してしまい、プレー続行が不可能に…。

昌子源はこのままハーフタイムでケヴィン・アミアンと交代することになり、再び離脱となってしまった。まだ詳しい状態は発表されていないが、軽傷であることを祈りたい。

なおトゥールーズは88分、そしてアディショナルタイムに失点を喫し、この試合を0-2で落としている。