ネイマールの移籍騒動に揺れ続けた今夏のPSG。

ナースル・アル・ハライフィ会長は、スターよりもチームに尽くす選手を重用する方針に変わったとも伝えられている。

そうした中、PSGのベルギー代表DFトマ・ムニエの発言が秘かに話題になっている。『CulturePSG』のインタビューでこう述べたという。

トマ・ムニエ(PSG DF)

「移籍は見事だった。

イドリサ・グエイにアンデル・エレーラ、彼らは『Club men』だ。

戦う選手たちだよ、スーパースターではなくね。

ピッチ上でやるべきことを分かっている。彼らはそういうやつらだ。

マーケティングも重要だよ。

でも、自分は10人のスーパースターよりも、木製の義足を着けた10人と一緒にプレーするほうがいい。

彼らは全力を尽くすだろうからね」

スターたちと一緒にプレーするよりも、全力を賭す選手たちと戦うほうが好きだと口にしていたとか。