この夏、バルセロナからゼニトに電撃移籍したブラジル人FWマウコン。

わずか1年前にローマからのハイジャック移籍で話題になった彼がロシアを新天地に選んだのは驚きだった。

そのマウコンがロシアでやった仰天キックが話題になっている。第5節ディナモ・モスクワ戦での衝撃シーンがこれ!

マウコンが狙いすまして蹴ったボールはなんと主審を直撃!

現地情報によれば、40メートルもの距離からヒットさせていたとか。さすがに主審は憮然とした表情を見せたものの、最後はサムアップで許していた?この試合ではディナモ側に退場者が出ているが、後半から出場したマウコンにカードは出されていない。

そんな試合は0-2でゼニトが勝利。試合後、ゼニトFWアレクセイ・ストルミンも「おもしろかった」とこのシーンを振り返っていたそう。