先日リーガ・エスパニョーラのバルセロナからロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに移籍することが決まったブラジル人FWマウコン。

動いた移籍金は3600万ポンド(およそ52.4億円)であると言われており、ロシアとの取引としては異例の額となっている。

彼は早くも土曜日に行われたクラスノダール戦に出場することになったのだが、そこでゼニトの一部ファンから批判を受けたとのこと。

『Sport.ru』によれば、試合の最中にスタンドで掲げられたバナーには「伝統への忠誠心を表してくれてありがとう」と書かれていたそう。

ゼニトの一部サポーターグループはクラブの伝統を「黒人選手と契約しないこと」だと捉えており、マニフェストにもこう書かれているようだ。

「我々はレイシストではない。ただ黒人選手の不在が重要な伝統であり、倶楽部のアイデンティティを象徴するものであるということだ。それ以上ではない。

ヨーロッパ主要都市で最も北にある街のクラブとして、我々はこれまでアフリカとの精神的なつながりはない。それは南米、オーストラリア、オセアニアも同じである。

我々はこれら他の大陸の民に対して何もすることはないが、同時にゼニトの精神に近い選手を求めている。

今、ゼニトの黒人選手は力のみによって強制されているし、それは反発を引き起こす。我々はあるべき形にならなければいけない」

なお、ゼニトの試合にはドウグラス・サントスとウィルマル・バリオスも先発出場しており、彼らもターゲットになったものと考えられている。