レアル・マドリーのプレシーズンツアーに帯同している久保建英。

練習での高いテクニックは周囲を驚かせており、その高い注目度からトップチームの公式アカウントでも紹介されるケースが増えてきている。

18日には、こんなやり取りの映像が公開されたぞ。

ここで取り上げられているのは久保、そして同じく今夏に加入したブラジル人ロドリゴの“スペイン語能力”について。

聞き手が「久保はアルカラ・デ・エナーレス(スペインの都市)の人みたいにスペイン語を上手に話すね」と質問すると、生粋のマドリーっ子であるスペイン代表DFナチョは「僕たちより上手だね、本当に」と太鼓判を押した。

久保のスペイン語についてはコパ・アメリカ開催中から話題となったが、チーム内でも評価されているようだ。

ただ、久保はそのことを告げられると「まさか」と謙遜し、「本当に上手いね」と言われた後も「はいはい」とそっけなく対応していた。

このやり取りは、公式SNSの本家であるスペイン語版でも紹介されており、「クボのスペイン語はベイルより上手いね」というもはや定番ともなっている反応などが返ってきていた。