コパ・アメリカ2019に参戦している日本代表の久保建英。

グループ初戦のチリ戦でチームは0-4と大敗を喫したものの、久保は南米王者相手に堂々たるプレーを披露しサッカーファンに驚きを与えた。

ただ驚かせたのはプレーだけではなかった。それがこれ!

試合後、久保のもとには海外の記者も殺到したのだが流暢なスペイン語で対応したのだ。

久保はかつてバルセロナのカンテラに在籍したが、もう4年以上も前のこと。しかもバルセロナはカタルーニャ語を使用する地域なのだが…。

これには南米やスペインなどのメディアも驚きだったようで、ペルフェクト(完璧)などと伝えていた。

【関連記事】久保建英、やりやがった!世界が絶賛した「圧巻股抜き」 がこれ

ちなみに会話の中身についてはこんな感じ。


Q:レアル・マドリーについて

久保「今はコパ・アメリカのことしか頭にありません。全てが終わったらそれについて考えます」

Q:ゴールを決める機会があったのに点が入りませんでしたね?

久保「0-1の時、僕たちには2~3回、明らかな得点する機会があったのにできなくて、彼ら(チリ)は2度ゴールを決めました」

Q:“日本のメッシ”として知られていることについてどう思いますか?

久保「自分はメッシのような偉大な選手と比べられるのが好きじゃないですが、頑張ります」