日本代表DF冨安健洋が移籍したセリエAのボローニャ。今年1月からはあのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督がチームを率いてきた。

契約は2022年まであったが、退任を余儀なくされそうだという。『Corriere dello Sport』の紙面版がそう伝えているようだ。

ミハイロヴィッチ監督は健康問題のためにチームを去らなければならないことを近く発表するという。

検査の結果、緊急性を要する病状が判明したとも…。治療のためにチームを離脱するというが、現地では誰も聞きたくなかった悲報だという伝えられ方もしている。