佳境を迎えているFIFA女子ワールドカップ。前回大会優勝のアメリカ代表は準決勝に進出しており、2日にイングランドと対戦する。

ここまでの5試合で22得点2失点というとんでもない強さを見せつけているアメリカ女子。

『Markets Insider』によれば、ユニフォームの売り上げもとんでもないことになっているという。

アメリカ女子代表が着用する白のホームユニフォームが、Nike.com上において、1シーズンで史上最も売れたサッカーユニフォームになったという。

男子サッカーのバルセロナやブラジル代表をも上回るものだそう。Nikeのマーク・パーカーCEOがそう明かした。

【関連記事】2019女子ワールドカップ!最高のユニフォームTOP20がこれだ

今回の女子ワールドカップでは24か国中14チームがNikeのユニフォームを着用しているほか、半分近くの選手たちが同社のスパイクを着用。

アレックス・モーガン

「その露出によってキット類の売り上げが大幅に伸びている」ともパーカー氏は述べている。