昨夏、パリ・サンジェルマンに電撃移籍した元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン。1年でパリを去り、新天地を求めることになった。

『Corriere dello Sport』などによれば、そのブッフォンはこんな話をしていたそう。

ジャンルイージ・ブッフォン

「ラビオはすごいよ、偉大な選手だ。

ラブリーなやつでもあるし、いいチームメイトだった。

彼を取り巻くメディアの狂乱がどこからくるものかは分からない。自分が知っている彼はワールドクラスだからね。

ラビオは素晴らしさがミックスされている。ポグバの強さ、ビダルの勇気、マルキージオのダイナミックさをね。

ボックス内に走り込むタイミングは改善する必要がある。でも、シーズン二桁ゴールを決める選手になれるよ」

ブッフォンが絶賛したのは、24歳のフランス人MFアドリアン・ラビオ。ポール・ポグバ、アルトゥロ・ビダル、クラウディオ・マルキージオの強さを兼備した大器だと褒め称えたそう。

【関連記事】 「フランス代表のブラックリストに入っている5人のスター」

そのラビオは契約満了に伴いPSGを退団する見込み。レオナルドがスポーツディレクターに復帰したことで、パリとの再契約説も浮上しているが…。