『Guardian』は5日、「トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは、退団を希望していることを認めた」と報じた。

2013年にアヤックスからトッテナムにやってきたエリクセン。長い間チームの中心的な司令塔として活躍し、評価を高めてきた。そして契約は残り1年となっており、今夏のマーケットでは注目の一人となっている。

27歳になった彼は『Ekstra Bladet』に対して以下のように話し、今夏はできれば新しい挑戦に向かいたいと語ったという。

クリスティアン・エリクセン

「僕のキャリアは、新しいチャレンジをするべきタイミングに来ていると感じるよ。

トッテナムで経験できたことのすべてに、深いリスペクトの念を抱いている。そして、ここに残ることにネガティブではない。

しかし、僕は同時に言いたい。新しいなにかに挑戦したいと。

今夏何かを決断しなければならない状況になることを祈るよ。そういう計画がある。サッカーにおいてはそのような決断がいつできるか分からないものだ。それができるタイミングにある。

常に最高なのはできるだけ早く起こることだが、サッカーというのは時間が必要なものなんだ。

レアル・マドリーはステップアップになる。しかし、それはあちらが電話を手にして、トッテナムに『クリスティアンが欲しい』と伝えてからの話になるからね。

【関連記事】今夏は大型補強か、トッテナムが獲得しようとする13名の選手たち

全てはダニエル・レヴィ会長次第だし、相手が他のクラブであってもそうさ。

あるいは、僕が交渉のテーブルについて新しい契約を話し合うか。自分がタイムスケジュールを設定することはできない」