今季限りでミランから退団することが決まった32歳のイニャーツィオ・アバーテ。

ミランの下部組織で育成され、ローンでの修行や退団を経て2009年に復帰。それから10年にわたってプレーしてきたが、契約満了でついにロッソネーリを離れることになった。

それに際して彼は自身のSNSで以下のように書き、ミランで引退することが夢だったと語った。

イニャーツィオ・アバーテ

「このユニフォームを初めて着たときのことを思い出すと、今でも感情的になるよ」

「ミランでキャリアを終えることは僕の夢だったと、誰もが知っている。

しかし夢が叶うものもいれば、それを心の中に閉じ込めなければならないものもいる。

ミランは僕の心にいつまでも。永久に。これからもずっとだ」

【関連記事】Jも狙える?「プレミア以外の有力リーグ」今夏フリーになるスター選手

なお、アバーテにはアメリカ・メジャーリーグサッカーのクラブからオファーがあると伝えられており、ロサンゼルス・ギャラクシーでかつての同僚イブラヒモヴィッチと再開する可能性もあるそう。