先日リーガ・エスパニョーラの会長を務めるハビエル・テバス氏がマンチェスター・シティとPSGを激しく批判したことが大きな話題になった。

それに対してマンチェスター・シティの会長を務めるハルドゥーン・ムバラク氏は以下のように話し、リーガの過去を見ろと痛烈に反撃した。

ハルドゥーン・ムバラク

「どう言われようとも、このレベルの成功には嫉妬や妬みがつきものだ。

マンチェスター・ユナイテッドが長年プレミアリーグを支配した時、彼らがそれに対処しなければならなかったことを知っているだろう。我々のコンペティションにおいて簡単ではないことだ」

(リーガのハビエル・テバス会長は「油とガスのお金」と批判した)

「彼は我々が市場を歪めたと話しているのか?この指摘の偽善は皮肉なものだよ。

【関連記事】2016年、移籍金の最高額記録はどんな感じだった?

まず先に、スペインのリーグを見ればよい。選手の移籍金記録を破ってきた過去をだ。誰がそれを始めたんだ?

世界記録を思い出せばよい。ルイス・フィーゴ、ジネディーヌ・ジダン。その取引額の上昇はどこで起こったのかね?」