6月1日に行われるトッテナム対リヴァプールのUEFAチャンピオンズリーグ決勝。

両チームが戦うプレミアリーグが終了してから3週間ほど期間が空く。怪我人の復帰やコンディション面的には好都合のはずだが、試合勘としては…。

そうした中、元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏がこのスケジュールに噛みついたようだ。『Daily Mail』によれば、『Anfield Wrap』上でこう述べたという。

ジェイミー・キャラガー

「なぜCL(決勝)はリーグが終わってから3週間後なのか、その理由を誰も自分に説明できなかった。

正直、ちょっとイラつくね。個人的には、我々(リヴァプール)よりもスパーズの助けになると思う。

我々以上に大きな怪我人の問題を抱えているからね。

ハリー・ケイン、ハリー・ウィンクスはもちろん、他にもシーズン終わりに向けて打撃があった。

フィットするための余分な期間を与える。

2019年の我々はトッテナムよりはるかにいいと思う。長い休みはその助けにはならない。

心配だ。リヴァプールがプレーしてきたリズムをやや失うからね。

トッテナムが素晴らしい調子にあるとは思わない。

彼らがここまで勝ち抜けてきたことは知っているし、成し遂げたことはアンビリーバブルであり、(マウリシオ・)ポチェッティーノ監督のことは大好きさ。

だが、彼らは素晴らしい調子にはない。なので、長い休みは調子の悪さを忘れさせ、この試合だけに集中することの手助けになるだろう」

【関連記事】 UEFAチャンピオンズリーグ、「史上最高の決勝」を選んでみた

リヴァプールファンとしてはもっともな不安かもしれないが…。