永里優季が所属するアメリカ女子サッカー1部のシカゴ・レッドスターズは14日、今季の新しいホームキットを発表。そのユニークなデザインが注目されている。

チームは13日の開幕戦で昨季チャンピオンのノース・カロライナ・カレッジと敵地で対戦。試合は1-1の引き分けに終わっている。永里は72分まで出場するもノーゴールだった。

【関連記事】NIKE、女子W杯出場国の新ユニフォームを一斉に発表!大会最多の14か国に

Chicago Red Stars 2019 Nike Home

シカゴ・レッドスターズ 2019 Nike ユニフォーム

これまでのユニフォームは比較的シンプルな物が多かったが、NEWホームキットは大胆なデザインを投入した。

シカゴ・レッドスターズ 2019 Nike ユニフォーム

独特なグラフィックが目を引くが、これはホームタウンのシカゴの街を走る電車“シカゴ・L”にインスパイアされ、その路線図を描いている。

なお、描かれたラインの全てが路線図ではなく、水平・垂直・斜め方向に走る直線状の線が路線。その他は街を表現している(シカゴ・Lの路線図と見比べると分かりやすい)。ちなみに何も描かれていなブルー部分は、地図上でミシガン湖にあたる部分。

シカゴ・レッドスターズ 2019 Nike ユニフォーム
シカゴ・レッドスターズ 2019 Nike ユニフォーム

4つ星が特徴のエンブレムのデザインは、シカゴ市の旗に由来。そして背面にはシカゴの街のスカイライン(建物のシルエット)を描く。

クラブが14日に公開したPR動画が、なかなか面白い!