史上初のCL3連覇から一転して苦しいシーズンを送ることになったレアル・マドリー。

リーガ第32節ではレガネス相手に1-1で引き分けてしまった。これで2位アトレティコ・マドリーと勝点差は4ポイントのまま。

『Marca』によれば、試合後にレアルDFダニエル・カルバハルはこう語っていたという。

ダニ・カルバハル(レアル・マドリーDF)

「(残り6試合を全勝して)勝点18ポイントを獲りにいかなくてはいけないよ。

できるだけいい順位で終えたいし、来季を迎える前に休暇で頭をクリアにしたい。

僕らはこういうことに慣れていないけれど、(今の?)自分たちにふさわしいものだ」

慣れない順位に戸惑いながらも、これが自分たちの現状だと受け止めている感じだろうか。

【関連記事】マドリー、今季もっともガッカリな5名のスター

目標を失っているレアルだが、逆転での2位フィニッシュのためにもこれからが見ものだ。