『Sportskeeda』は22日、「レアル・マドリーの監督に復帰したジネディーヌ・ジダン氏が見限るかもしれない5名の選手」という記事を掲載した。

今季フレン・ロペテギ監督を解任し、さらに暫定的に指揮を執っていたサンティアゴ・ソラーリ氏との契約も解除したレアル・マドリー。その後招聘されたのはチャンピオンズリーグ3連覇を達成したジネディーヌ・ジダン監督だった。

今季終了後には大きな改革を必要としていると言われるレアル・マドリー。今夏放出される可能性がある5名の選手とは?

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

彼は2014年夏に行われたブラジルでのワールドカップで得点王を獲得し、素晴らしいパフォーマンスを見せたあと、8000万ユーロ(およそ102.8億円)という価格でレアル・マドリーへとやってきた。

このコロンビア代表MFは中盤の主力になると予想された。チームの歴史上4番目に高額な選手であった。ところがその地位にもかかわらず、レギュラーという立場を手に入れるまでには至らなかった。

そして2017年の夏にバイエルン・ミュンヘンへと2年のローンで放出されているが、今夏はその契約が満了となる。

ニコ・コヴァチ監督とはそれほどいい関係ではないと言われており、買取が行われるかどうかは不透明だ。そしてレアル・マドリーとの契約は2020年の6月30日まで。

アーセナルとユヴェントスが今夏の獲得に興味を持っていると言われるが…。