『L'Equipe』は14日、「PSGはフランス代表MFアドリアン・ラビオを一時解雇することとした」と報じた。

今季でPSGとの契約が満了となるアドリアン・ラビオ。すでにクラブとの関係は修復不可能なほど悪化していると言われる。

彼は先日行われたマンチェスター・ユナイテッドとの試合中にナイトクラブへ行っていたことが明らかになっており、敗北後にその映像が話題になった。

また、かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたパトリス・エヴラが逆転勝利に喜ぶ投稿をしたところ、そこにラビオが「いいね」を押していたことも発覚していた。

【関連記事】フランス代表、「W杯メンバー外の選手で組むベストイレブン」が強すぎる!

これらの行動を問題視したPSGは、ラビオに対して3月27日までの一時解雇処分を言い渡すことになったという。

すでにPSGではほぼ起用されない状況となっており、今夏は他のクラブに移籍することが確実だと言われているラビオ。このまま喧嘩別れとなってしまうのか…。